ケース別で離婚慰謝料の相場を紹介します

離婚とひとくちにいっても、さまざまな理由が考えられるものです。たとえば、妻がありながら夫が他の女性と不貞行為に及んだ場合や、夫から妻に対する度重なる暴力があった場合などが典型的であるといえます。ほかにも、夫婦という関係上、特別な事情がないのに性的な接触を拒んだなどといったことも、やはり離婚の原因に含まれます。こうした原因によって肉体的、精神的な損害を受けた場合には、離婚慰謝料を相手に対して請求をすることが可能です。ただし、これらの離婚の理由を見ると、質的な違いがあまりにも大きいことから、ケースに即して慰謝料の金額を考える必要があるといえます。弁護士などが携わる実務のなかでも、やはりケース別にある程度の相場というものが形成されています。

配偶者の不貞行為にともなう離婚の場合

配偶者の不貞行為というのは、離婚の原因のなかでもかなり多い部類に属するといえます。この場合、積極的に他の異性と関係を持とうとしていたのか、その期間や回数が限度を超えて多いかどうかといったところがポイントとなります。一般的な相場として、離婚交渉のなかで最終的には離婚を思いとどまることができたという程度か、あるいは離婚に至ったものの、婚姻期間がそもそも短いカップルであれば、下は50万円から、上は300万円を超えないあたりの金額が離婚慰謝料の相場であるといえます。いっぽう、婚姻期間が30年を超えるようなカップルの場合は、不貞行為による影響が大きく、離婚をしたとしても再婚もままならないことが容易に見込まれます。そのため、慰謝料の金額にしても、300万円から500万円といった大台になってしまうことがめずらしくはありません。

配偶者の暴力行為による離婚の場合

最近では配偶者の暴力行為、いわゆるドメスティックバイオレンスが大きな社会問題となっています。当然ながら、これも婚姻を継続しがたい理由の典型的なものとして、離婚慰謝料の請求をすることが可能です。その相場ですが、暴力行為が度重なり、肉体または精神に重大な影響が生じたかどうかといったことに応じて決まるため、一概にいくらといえない部分があります。相場としては500万円程度まではあり得る範囲であるといえます。また、暴力行為とはいっても、肉体的なもののほか、悪口雑言などの精神的な暴力というものも、同様に離婚の原因として認められるようになってきています。この場合も程度問題ですが、もしも暴力行為がもとで精神疾患にかかってしまったなどの事情があれば、慰謝料の金額は高くなると見てよいといえます。

お問合せ:0120-272-585(土曜・日曜も相談可能) 24時間受付可能となっております。 離婚問題で悩まれているあなたへ。離婚問題でこれ以上悩んで欲しくない私たちが精一杯サポートいたします。 離婚をするにあたってしなければならないことを当事務所の弁護士が丁寧に分かりやすくしっかりお伝えしていきます。 お電話の方は携帯からのお問合せでも通話無料となっております。 離婚慰謝料でお悩みならお気軽にご相談を